2013年11月

水交会長 岩本 明佳
 昭和58年 電気工学科卒

岩本会長私は去る平成25年11月8日開催された水交会総会で会長を仰せつかりました、岩本です。

就任に当たり、一言ご挨拶申し上げます。

始めに、私ども八戸工業大学水交会(電気系同窓会)設立当初から先頭に立ち長年に亘りご努力を頂きました菅野会長、そして新たな発展に向け、積極的に活動されてこられた福士会長、お二方のご尽力とご功績に心から敬意を表しますと共に、厚く御礼を申し上げます。

さて、電気工学科は昭和47年の開学と共に開設され、本学全学科同窓会員約17,000名の内約3,700名が電気系同窓会員です。本学の建 学の精神は「正己似各物」であり、道理をよく見極め広く知識を求め、社会における自己の役割が如何なるものかを、深く認識し、高い論理性をもって行動する ことの重要性を説いています。社会の負託と時代の要請に応えることを要諦とし、創造的、個性的な自己思考能力を有する有為の人材を養成するという気風の学 舎で勉強し、その同窓生であることに私自身も大きな誇りを持っております。

ここ数年来同窓会の執行部で色々と議論されておりますように、これからの同窓会のあり方、組織の活性化、運営方法等、課題が山積しております。

今後同窓会が向かう方向性をしっかり見定め、同窓会員と広く討論をし、組織の活性化と諸課題に対応して、これからの基盤つくりをするのが私に課された使命と考えております。

私ひとりでは到底できませんので教職員の先生方並びに同窓会員の皆様と一緒に討論し、課題を解決しながら更なる発展を遂げて参りたいと思います。

今後とも、皆様方からのご支援、ご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げ、私の会長就任のご挨拶とさせて頂きます。