教育の3ポリシー

電気電子システム学科のDP・CP・AP

 

「卒業認定・学位授与の方針」ディプロマ・ポリシー(DP:Diploma Policy)

電気電子システム学科では、所定の教育課程を修め、以下の資質・能力を身につけたと認められる学生に対し、「学士(工学)」の学位を授与します。

平成30年度

  1. 社会観、経済観、歴史観、健康管理意識など、技術者としての教養と思考力を備え、地球的視野に立って行動できる。
  2. 技術者としての良識および倫理観を備え、自立した技術者として責任ある判断と行動ができる。
  3. 地域の産業に関心を持ち、地域社会が抱える技術課題の解決に向けた取り組みができる。
  4. 電気電子工学分野における技術者として必要な基礎数学力を身につけ応用できる。
  5. 基礎的な物理法則あるいは化学法則を理解しており、自然科学的な知識を有し、課題の解決に向け応用できる。
  6. 情報技術に関する基礎知識を身につけ、社会活動において必要なワードプロセッサの操作能力、表計算処理能力さらにはプレゼンテーション資料の作成能力などコンピュータ情報機器の基本的な操作ができる。
  7. 社会的および技術的に通用する技術報告書、業務日誌などの日本語文書を作成できる。また、与えられた課題について議論を行え、さらに課題解決・提案・報告などのプレゼンテーションができる。
  8. 英語による基礎的なコミュニケーション能力を有し、かつ英語による製品仕様書、機器取扱説明書あるいは技術資料などの読解ができる。また、その語学力を基盤として、国際交流・協調に活かすことができる。
  9. 電気電子工学分野に関わる国内外の動向に関心を持ち、また、国際的視野に立って技術課題の解決に向けた取り組みができる。
  10. 電気電子工学技術者として備えるべき基礎知識を有し、課題の解決に向け応用できる。
  11. 電気電子工学に関連する専門知識を有し、課題の解決に向け応用できる。
  12. 業務デザイン能力を備え、与えられた課題あるいは社会の要求に対して業務を計画・遂行し、課題の解決に向け応用できる。また、複数の技術者とチームを組んで積極的に協議し、リーダーもしくはメンバーとしての役割分担を通して、協働の中で役割を果たして問題解決を図ることができる。
  13. 取り組む技術課題に対して常に自主的、継続的に学習し、問題点を見つけ、改善を図るための一連の行動ができる。
  14. 与えられた制約の下で、計画的に仕事を遂行することができる。

平成29年度

  1. 社会観、経済観、歴史観、健康管理意識など、技術者としての教養と思考力を備え、地球的視野に立って行動できる。
  2. 技術者倫理に関する科目や卒業研究などの修得を通して、技術者としての良識および倫理観を備え、自立した技術者として責任ある判断と行動ができる。
  3. 電気電子工学分野における中堅技術者として必要な基礎数学力を身につけ応用できる。
  4. 基礎的な物理法則あるいは化学法則を理解しており、自然科学的な知識を有し、課題の解決に向け応用できる。
  5. 情報技術に関する基礎知識を身につけ、社会活動において必要なワードプロセッサの操作能力、表計算処理能力さらにはプレゼンテーション資料の作成能力などコンピュータ情報機器の基本的な操作ができる。
  6. 電気電子技術者として備えるべき基礎知識を有し、課題の解決に向け応用できる。
  7. 電気エネルギーシステム系分野、電子デバイス・システム制御系分野、、あるいは情報・通信・メディア系分野に関する科目の修得を通して、電気電子工学に関連する専門知識を有し、課題の解決に向け応用できる。
  8. 業務デザイン能力を備え、与えられた課題あるいは社会の要求に対して業務を計画・遂行し、課題の 解決に向け応用できる。また、複数の技術者とチームを組んで積極的に協議し、リーダーもしくはメンバーとしての役割分担を通して、協働の中で役割を果たし て問題解決を図ることができる。
  9. 社会的および技術的に通用する技術報告書、業務日誌などの日本語文書を作成できる。また、与えられた課題について議論を行え、さらに課題解決・提案・報告などのプレゼンテーションができる。
  10. 英語による初歩的なコミュニケーション能力を有し、かつ英語による製品仕様書、機器取扱説明書あるいは技術資料などの読解ができる。また、その語学力を基盤として、国際交流・協調に活かすことができる。
  11. 電気電子技術に関わる国内外の動向に関心を持ち、また、国際的視野に立って技術課題の解決に向けた取り組みができる。
  12. 地域の産業に関心を持ち、地域社会が抱える技術課題の解決に向けた取り組みができる。
  13. 取り組む技術課題に対して常に自主的、継続的に学習し、問題点を見つけ、改善を図るための一連の行動ができる。
  14. 与えられた制約の下で、計画的に仕事を遂行することができる。


「教育課程編成・ 実施の方針」カリキュラム・ポリシー(CP:Curriculum Policy)
 DPの達成のために、どのような教育課程を編成し、どのような教育内容・方法を実施し、学修成果をどのように評価するのかを定める基本方針

 

電気電子システム学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を備えた人材を育成するために、次のような教育課程編成・実施の方針を定めています。

平成30年度

  1. 教育課程の骨格
     カリキュラムを、「導入転換科目」、「総合教養科目」、「工学基礎科目」、「専門科目」で編成します。

  2. 総合的な人間力を養成する教育を実施します。
     導入転換科目では、「工学への関心」の科目を通して電気電子工学への興味を喚起します。また、「キャリアデザイン」の科目を通して、大学生活から卒業後の生涯に亘り、自分の目標を達成させるための手段や方法を身に付ける教育を実施します。
     総合教養科目では「人間科学」、「国際コミュニケーション」、「体育科学」、「総合学際」の科目群からなる幅広い教養科目を通して、社会人としての一般教養と技術者としての倫理観を養います。

  3. 専門分野の基礎原理を理解・修得するための教育を実施します。
     工学基礎科目では、数学、物理学・化学、実験を含む「工学基礎」の科目群を通して、専門科目の学習に必要な工学の基礎力を養います。

  4. 専門分野の基礎原理を実践的に応用展開できる力をもたせる教育を実施します。
     高度な応用展開能力を養うため、「専門基礎」の科目を根幹とし、「電気エネルギーシステム系」、「情報・通信・メディア系」、「電子デバイス・システム制御系」の3つの系に分類して構成された科目群を、座学、演習、実験・実習および研修・研究を通して養成します。さらに各学年に配置した実験科目、さらには卒業研究によって編成される一連の実験・実習プログラムによってデザイン能力を修得させる教育を実施します。また、「原子力工学」の科目を通して、原子力に関する知識と技術を養います。

  5. 地域社会との繋がりを重視した教育を実施します。
     先端技術工学、インターンシップおよび学外研修を通じて、最新の科学技術や地域の地域課題について考える力を養います。

  6. グローバルな視野で物事を考えることができる力を養成する教育を実施します。
     総合教養科目を中心に、専門科目においてもそれぞれの分野においてグローバルな視点での授業を展開します。これにより、グローバルな視野で物事を考えることができる素養を養成します。

平成29年度

  1. 教育課程の骨格
     カリキュラムを、「導入転換科目」、「総合教養科目」、「リメディアル科目」、「工学基礎科目」、「専門科目」で編成します。

  2. 総合的な人間力を養成する教育を実施します。
     導入転換科目では、「工学への関心」の科目を通して電気電子工学への興味を喚起します。また、「キャリアデザイン」の科目を通して、大学生活から卒業後の生涯に亘り、自分の目標を達成させるための手段や方法を身に付ける教育を実施します。
     総合教養科目では「人間科学」、「国際コミュニケーション」、「体育科学」、「総合学際」の科目群からなる幅広い教養科目を通して、社会人としての一般教養と技術者としての倫理観を養います。また、「総合学際」の科目を通して、公的資格等の取得を目指す教育を実施します。さらに、リメディアル科目では大学教育に必要な数学、物理、英語に関する基礎力を必要に応じて修得させる教育を実施し、高校教育から大学教育への円滑な移行を図ります。

  3. 専門分野の基礎原理を理解・修得するための教育を実施します。
     工学基礎科目では、「数学」、「物理学・化学」、「情報」、「実験」の科目群からなる工学基礎科目を通して、専門科目の学習に必要な工学の基礎力を養います。

  4. 専門分野の基礎原理を実践的に応用展開できる力をもたせる教育を実施します。
     高度な応用展開能力を養うため、「専門基礎」の科目を根幹とし、「電気エネルギーシステム系」、「電子デバイス・システム制御系」、「情報・通信・メディア系」の3つの系に分類して構成された科目群を、座学、演習、実験・実習および研修・研究を通して養成します。さらに各学年に配置した実験科目、さらには卒業研究によって編成される一連の実験・実習プログラムによってデザイン能力を修得させる教育を実施します。また、「原子力工学」の科目を通して、原子力に関する知識と技術を養います。

  5. 地域社会との繋がりを重視した教育を実施します。
     先端技術工学および学外研修を通じて、最新の科学技術や地域の地域課題について考える力を養います。

  6. グローバルな視野で物事を考えることができる力を養成する教育を実施します。
     総合教養科目を中心に、専門科目においてもそれぞれの分野においてグローバルな視点での授業を展開します。これにより、グローバルな視野で物事を考えることができる素養を養成します。


「入学者受入れの方針」アドミッション・ポリシー(AP:Admission Policy)
 電気電子工学科では、電気電子工学の深い知識と幅広い教養、俯瞰的視野ならびに倫理観を有し、豊かな人間性と総合的な判断力、問題解決・応用展開能力、構想力、自己表現力、協働性を備え、地域社会への関心と国際的視野を持った人材を育成します。
 したがって、学科の目的に強い関心があり、これらの能力を身につけて地域や社会で活躍したいという目標を持ちながら主体的に取り組む人を受け入れます。

 

電気電子工学は、電力ネットワーク、情報通信技術など現代社会にとって欠かすことのできない技術です。この工学分野を学ぶことによって、より豊かで暮らしやすく地球環境に配慮した社会を実現するための一端を担える人材が育成されます。そのため、電気電子システム学科では、自らを向上させようとする意欲にあふれ、幅広い教養と技術者としての倫理観、電気電子技術に関する知識の応用力と構想力を備えたい志願者を求めます。
 カリキュラムは、「電気エネルギーシステム系」、「電子デバイス・システム制御系」、「情報通信メディア系」を用意しています。また、国内・海外を問わず、地域や社会から求められる指導的な電気電子技術者として資格取得などに対応して2つのコースが設けられています。こうした分野に関心のある志願者を求めます。

  • 電気エネルギーコース
     電気エネルギーコースでは、「電気エネルギーシステム系」の分野に主な関心があり、この分野の知識や資格を活かした仕事を目指す志願者を対象とします。

  • 電子通信制御コース
     電子通信制御コースでは、「電子デバイス・システム制御系」、「情報通信メディア系」の分野に主な関心があり、この分野の資格取得などの目標を持って仕事をしたい志願者を対象とします。